彼から「重い」「距離を置こう」と言われた

03.192011

この記事は2分で読めます

彼から「重い」と言われて、連絡がなくなった。

もしくは、「距離を置こう」と言われた。

こういったご相談が多いので、今回はこれについてお話しますね。




私はこれまでに何度も何度も「男性を追いかけてはいけない」

とお伝えしてきました。

「男性は追えば逃げる」と主張する恋愛本も数多くあります。



これは、男性に愛されるために、媚びて尽くしてきた女性たちに

「それでは良い関係を築くことができませんよー」

と教えてきました。



実際、このパターンで恋愛に失敗してきた多くの女性達が

男性に愛されるようになってきたのです。



でもですね、本当は

男性は女性が押したから逃げていくのではありません。



あなたの彼への気持ちが要求になった時に、

彼はあなたを重く感じ、距離を置きたいとなってしまうのです。



彼は私を好きなんだから、こうしてくれるはずだよね。

そういう思いがあって、相手にべったりくっつこうとしてると、

そんなあなたを重く感じます。



これは、恋愛で相手に依存し、

「こうしてくれるはずだよね」と期待し、

「もっといい関係を築くための努力をしようよ」と押し付ける人ほど、

相手から距離を取られます。



女性からバンバン彼に押してるのに、上手くいってる人というのは、

この「依存」「期待」「押し付け」がないので、

彼は彼女といても気軽なのです。



この、あなたの心の奥から出てくる要求。

これを軽くみないでくださいね。

この要求はあなたが昔からずっとお馴染みさんで抱え込んできたものです。



普段はおとなしくしているのですが、

恋愛がはじまったり、一緒に暮らしたり、結婚したりすると、

この隠れていた要求君がむくむくと表に出てきて暴れだします。



「私はこんなにあなたを想っているのよ(=´;3;`=)

「私はこんなにあなたを愛しているのよなきがお2

「こんなにあなたのためにがんばっているのようわーん

と訴えたところで、彼には通じません。



なぜなら、これは自分が犠牲者になることで、

相手を変えてさせようとしてしているからです。

要するに、やっぱり自分の要求を通そうとしているだけなのです。



相手が変わってくれない限り、

自分は愛情が得られないし、認められないし、受け入れられない。

そういう気持ちで相手に向かっているので、それは、相手を追い詰めます。



あなたは何を怖れているのでしょう?

なんでそんなに苦しくなってしまうのでしょう?



彼のせいですか?



ではないですよね。

彼のせいではないです。



まずは自覚をしてみてください。

この自覚が恋愛でハッピーになる第一歩になります。



自覚ができたら、自分を客観視してみてください。

「要求してる自分」と

「あらあら、今わたし要求君が出てるぞー」ともう一人の自分を見てる自分。

この2人の自分を別個に捉えてみてください。



これが出来るようになると、焦らないですみます。

焦らなければ、この関係でもいいんだなと信じられるようになります。

2人の関係を信じられれば、怖れもなくなります。



すると怖れから彼に何かを言うこともなく、

「もーちょっと2人の時間が欲しいなー」という言葉も

自然に彼に通じて、上手くいくこともあるのです。



いつだって、変わる必要があるのは相手ではなく自分なんです。

そこに気が付けば、問題は解決していくのですからうふっ

 


桜恋愛力アップメールマガジン

登録した方限定で、特別レポートを進呈中!(中身は以下のとおり)

特別レポート「男性を自然に惹きつける愛され女の12の秘密」
■彼があなたを心から好きになるのに必要なもの
■男性が女性を手に入れたくなる瞬間とは?
■彼にあなたをカワイイと思わせる方法
■彼から本気で愛されない恋愛をしていませんか?
■彼にアプローチされるメールの出し方
■好きではないタイプの人ばかりに好かれる
■男性が追いかけたくなる女性とは?
■愛される女と愛されない女の一番大きな違い
■恋愛の初め方はとても重要です
■忙しい彼「彼に会いたいよー(泣)」— 男女の違いから男性を理解する
■[恋愛相談]どうすれば男性に好かれるか知ってるけど、それは本来の自分じゃない
■[恋愛相談]好きな人に好かれる方法とは?
などなど


メールマガジンのご登録は以下をクリックしてください。

down down down

http://kalmia-ex.jp/fx/3


※携帯の方は、@love-solution.com からのメールが受信できるように設定をしてください。
※「メルマガ解除」はいつでも簡単にできます。
※メールアドレス等の個人情報は第3者に渡らぬよう厳重に管理しております。

関連記事

  1. photo
  2. 120112top

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。