彼の気持ちが分からないから話し合いをしたい

01.172011

この記事は2分で読めます

「彼は私のこと、どう思ってるのかしら?」 
「彼はこの関係をどうしたいのかしら?」 
あ~、不安。不安。不安。 
こうなると女性は彼に気持ちをぶつけたくなります。 


でも、ここでちょっと待ってくださいね。 
たいての女性は、この状態にいるとき、女友達に相談します。 
すると「話し合わないとダメだよ!」なんて言われます。 

「そうだよね~。話し合ったほうがいいよね~」 
と自分でも結論だし、彼を話し合いの壇上に乗せようとします。 

いやはや、男性にはこのシチュエーション、逃げ出したくなります。 
女性は、答えを出したくて話し合いをしようとします。 
男性は、自分の答えが出てから話し合いをしようとします。 


なので、自分の中で答えが出てないのに
女性に問い詰められても固まってしまいます。 

「だって、僕、分かんないもん・・・(涙)」 

男性が、こうして自分の意見を言ってくれないと、
女性は、ますます不安になります。 

この不安を解消したいものだから、
なんとかして相手の気持ちを探ろうとします。 
nike「どういうこと?それってどういう意味?」 
nike「てことは、こうこうこう思ってるってこと?」 
nike「でも、こうこうって言ったじゃない」 

いやー、これって男性には、大変耐え難いときです。^^; 


さて、こんな時はどうすればいいのでしょう?

あなたがやるべきこととは?

考えてみてください。

 

やっぱり、彼に問い詰めたくなってしまうかな?

私は、あなたには本当に幸せを掴んで欲しいと思うので、

あえて厳しいことも言います。

 

ここで必要なのは、あなたの思考を変えることです。

つまり・・・
彼の気持ちが分からなくってもいいんじゃない? 

ということです。

 

そう思いませんか?

だって、本当に彼は自分の気持ち分からないのですから。 

彼があなたを好きかどうかは、時が教えてくれます。 
そういう時期がくるので、そのときまでほっときましょうよ。 

女性が彼に気持ちを言わせようとすればするほど、
彼は自分の心を見ようとしません。 

心を見ないので、自分の気持ちなんて分かりません。 

そして、女性は不安になってイライラしてきます。 
彼が気持ちを言ってくれないから、ハッピーじゃなくなる。 
笑顔が少なくなる。 

そしてね、男性はそんな彼女を見て、自信がなくなります。 
僕って、「彼女をこんなにしちゃうんだな~」と罪悪感を感じ始めます。 
そして、逃げ出したくなります。 

まさに、負の循環が二人の間に渦巻きはじめます・・・ 

だからね、男性に、無理に気持ちを言わせようとしないこと。 
時が来れば分かりますから、しばらく待ってあげて下さい。 


それにもっと言ってしまうと、厳しいことを言ってしまうと、 
「彼が自分の気持ちが分からない」ということは、 
「今はあなたのことを愛しているわけではない」ということです。 
少なくとも、今はあなたを愛してるという自覚がないということです。 

だから、彼に時間を与えてください。 
その間、自分が彼以外で楽しめることをやっててください。 

彼をほっといたら、彼から気持ちを言い出します。 
だから、焦らない焦らない。^^
 


桜恋愛力アップメールマガジン

登録した方限定で、特別レポートを進呈中!(中身は以下のとおり)

特別レポート「男性を自然に惹きつける愛され女の12の秘密」
■彼があなたを心から好きになるのに必要なもの
■男性が女性を手に入れたくなる瞬間とは?
■彼にあなたをカワイイと思わせる方法
■彼から本気で愛されない恋愛をしていませんか?
■彼にアプローチされるメールの出し方
■好きではないタイプの人ばかりに好かれる
■男性が追いかけたくなる女性とは?
■愛される女と愛されない女の一番大きな違い
■恋愛の初め方はとても重要です
■忙しい彼「彼に会いたいよー(泣)」— 男女の違いから男性を理解する
■[恋愛相談]どうすれば男性に好かれるか知ってるけど、それは本来の自分じゃない
■[恋愛相談]好きな人に好かれる方法とは?
などなど


メールマガジンのご登録は以下をクリックしてください。

down down down

http://kalmia-ex.jp/fx/3


※携帯の方は、@love-solution.com からのメールが受信できるように設定をしてください。
※「メルマガ解除」はいつでも簡単にできます。
※メールアドレス等の個人情報は第3者に渡らぬよう厳重に管理しております。

関連記事

  1. 120112top

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。