【恋愛相談】 彼が私のことを信じてくれないので辛い

04.012011

この記事は2分で読めます

彼は過去に彼女に浮気をされて以来、人を信じることができなくなりました。

付き合って半年になりますが、私のことも信じていません。
過去のトラウマを克服することは容易なことではないと分かっています。

最初のうちは、ゆっくり信じて待とうと思いました。
しかし、毎回のように男関係を疑われ
毎回のようにお前は信用できないと言われ
私が何か悪いことをしているかのように怒り、暴言をはかれる度に
私って一体彼のなんなんだろうと思うようになりました。

信用できないのに私は彼女と言えるのでしょうか?

幸せだなって感じますが、彼は私を信じていないんだったと思うと悲しくなります。
本当のことを言っているのに疑われ、信じてもらえないことは人としてすごく辛いです。

半分あきらめている自分もいるんです。
もういいやって思ったり、信用できないって言われる度にまたかって思ったりします。
でも彼のことが好きだから、信じてもらいたいんです。

どうしたら信じてもらえるんでしょうか?
どうしたら平和な恋愛生活ができるんでしょうか?





というご相談に今回はお答えしていきます。

彼は過去の経験から、非常に嫉妬や疑いの気持ちが強くなってしまったのですね。



こういった場合、

お付き合いしてる相談者さん(桜さん[仮名])の言動に関係なく、

彼は根本的に心理的な疑いや嫉妬が抱えています。



「自分はまた裏切られるかもしれない・・・」

という気持ちを強く持っています。



彼は自分が不安を感じた時に、

相手を信頼しないことで、自分の気持ちをぶつける癖があるので、

それは、こちらで理解してあげないといけないことになります。



彼にとっては、

「こうして欲しい」

「こういうことが気になるんだ」

と言うことが難しいようです。



それを言うことができないので、代わりに

「お前を信頼しない」

というのを怒りで表して、相手に言うことを聞かせようとしてるのです。



今、桜さんが彼との関係を築く上で大切なのは、上記のことを理解した上で、

「自分は何もやましいことはしていないし、

 好きな人に信頼されないのは、とても悲しい」

ということを優しく伝え続けることです。



そうでないと、

彼は今後も同じ方法でいつも桜さんに決断を求めることになり、

それは2人の関係にとってよくありません。

なぜなら、彼は桜さんを大切にしなくなるからです。



ただ、彼は心理的にかなり傷ついているようですから、

「私は信頼されないようなことはしてないよ」と彼に伝えても、

それがなかなか伝わらないかもしれません。



彼は自分の怒りや不満を

「相手を信頼しない」という形でしか伝えることができないからです。



これが続くと、桜さんの方もまいってしまうので、

どうしても彼とやっていきたいというのなら、

彼の気持ちを分かってあげながらも、

自分を大切にすることも考えていかなければなりません。



◆まとめ◆

桜さんが彼にできることは

「自分は何もやましいことはしていないし、

 好きな人に信頼されないのは、とても悲しい」

ということを優しく伝え続けること。



また、彼が自分に起こる問題をどうにかしたいと思い始めましたら

カウンセリングをお受けすることをお勧めします。

 


桜恋愛力アップメールマガジン

登録した方限定で、特別レポートを進呈中!(中身は以下のとおり)

特別レポート「男性を自然に惹きつける愛され女の12の秘密」
■彼があなたを心から好きになるのに必要なもの
■男性が女性を手に入れたくなる瞬間とは?
■彼にあなたをカワイイと思わせる方法
■彼から本気で愛されない恋愛をしていませんか?
■彼にアプローチされるメールの出し方
■好きではないタイプの人ばかりに好かれる
■男性が追いかけたくなる女性とは?
■愛される女と愛されない女の一番大きな違い
■恋愛の初め方はとても重要です
■忙しい彼「彼に会いたいよー(泣)」— 男女の違いから男性を理解する
■[恋愛相談]どうすれば男性に好かれるか知ってるけど、それは本来の自分じゃない
■[恋愛相談]好きな人に好かれる方法とは?
などなど


メールマガジンのご登録は以下をクリックしてください。

down down down

http://kalmia-ex.jp/fx/3


※携帯の方は、@love-solution.com からのメールが受信できるように設定をしてください。
※「メルマガ解除」はいつでも簡単にできます。
※メールアドレス等の個人情報は第3者に渡らぬよう厳重に管理しております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。