男の本性と草食系男子の関係

11.022010

この記事は2分で読めます

「あなたがなかなか彼に落ちないでいると、
彼はもっともっと一生懸命にあなたを手に入れようとする」

こんなお話しをあなたはこれまでに聞いたことありますか?

聞いたことがないという方。
なんとなく聞いてことあるけど、半信半疑な方。

 

まずは、男性にはこーいう性質があるんだなっていうのは覚えておいてください。
でも、それだけで終わって恋に望んでは失敗してしまいます。

 

男性は、簡単に手に入らないものを欲しがる生き物

 

簡単に手に入らないものを目の前にすると、
男性の中の競争心がメラメラ燃え上がります。

もちろん、恋愛でも男性のこの本性が出てきます。

 

ここでもそんなお話をしました。
男性を惹きつけるメンタルチャレンジ!

 

ですから単純な話・・・

ある女性に会って、「あ、あの子いいな」と思って、
彼女が自分に無関心そうだと、「彼女を手に入れてやるー」
と思ってしまうわけです。

でも、その彼女が「私もあなたに興味あるわー」と
目をキラキラ輝かせてしまうと・・・
なぜか、男性の狩人本能がダウンダウン

男性って不思議なものです。
と言いますか、勝手ですよね(笑)

 

ですから、男性に会ったら、ものほしそーに彼を見てないで、
優しく、でも毅然としていると、自分自身を落ち着いて保っていると、
彼の中の恋の炎がむくむくと膨れていってしまうんです。

こーいう面は、男性はあるなーと私は思います。

 

ですけれど!

草食系男子という人種がいるらしい昨今の日本。

「男性がいくら競争心があるからって、狩人本能があるからって、
全ての男性に当てはまらないのではないかしら?」

そう思う女性は少なくないと思います。

「私の意中の彼は、自分からガンガンいくタイプじゃないみたいだから、
ある程度、私からプッシュしないと恋愛なんて始まらないわー!」

なんて思っている方もいるかとおもうのですよ。

テレビや雑誌で「草食系男子はどーのこーの」と騒がれていますから、
女性は、相手が草食系だったら、自分は肉食系にならないと恋すらも始まらない!

と思う気持ちも分からないではないです。

 

さて、実際はどうなのでしょう?

男性の狩人本能に従うべき?
それとも、今の時代の草食系男子用に立ち振る舞うべき?

女性は、押すのか待ちの態勢でいるのか?

どっち?

 

まずは、あなたの意中の彼をよーく観察してください。

彼は女の子を追いかけたい派?
そー見えたら、あなたから追いかけないでください。
これは絶対。

自分ではよく分からなかったら、お友達に聞いてみて。
見るからに女の子を追いかけたい派男子というのは、ある程度タイプ化されてて、
それはどういうタイプ化というと、

「自分に自信があるように見える男子」

 

それでね、やはり本当のことを言うと、
やっぱり男子の本性はこっちだと思うのです。

つまり、男子は女性を追いかけたい。
自分が追いかけて捕まえた女性と一緒にいたい

 

ただ、彼の生い立ちとか、今ある環境とか、いろいろな要素が相まって、
「草食系君」が存在しているのも確かです。

彼らには、ちょっとした「押し」が必要になるけど、
これも何をどれくらいっていうさじ加減がけっこー難しい。
特に、恋愛初心者さんにとっては難しいかと思います。

 

でも、どちらにせよ、女性のあなたは彼に突進しないこと
これだけ守っててくれれば、少なくとも自爆は免れます。

 

 


桜恋愛力アップメールマガジン

登録した方限定で、特別レポートを進呈中!(中身は以下のとおり)

特別レポート「男性を自然に惹きつける愛され女の12の秘密」
■彼があなたを心から好きになるのに必要なもの
■男性が女性を手に入れたくなる瞬間とは?
■彼にあなたをカワイイと思わせる方法
■彼から本気で愛されない恋愛をしていませんか?
■彼にアプローチされるメールの出し方
■好きではないタイプの人ばかりに好かれる
■男性が追いかけたくなる女性とは?
■愛される女と愛されない女の一番大きな違い
■恋愛の初め方はとても重要です
■忙しい彼「彼に会いたいよー(泣)」— 男女の違いから男性を理解する
■[恋愛相談]どうすれば男性に好かれるか知ってるけど、それは本来の自分じゃない
■[恋愛相談]好きな人に好かれる方法とは?
などなど


メールマガジンのご登録は以下をクリックしてください。

down down down

http://kalmia-ex.jp/fx/3


※携帯の方は、@love-solution.com からのメールが受信できるように設定をしてください。
※「メルマガ解除」はいつでも簡単にできます。
※メールアドレス等の個人情報は第3者に渡らぬよう厳重に管理しております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。